【自己破産】学生ローンどうする?※就活などに問題は出るか調査

【自己破産】学生ローンどうする?※就活などに問題は出るか調査

【自己破産】学生ローンどうする?※就活などに問題は出るか調査

学生でも自己破産を行うことはできますか?
こうお尋ねになる方もおられるかもしれません。
学生であっても何かとお金はかかりますし、そのお金をいろいろな貸金業者から調達して、その額がどんどん膨らんでしまうなら、自己破産せざるをえないような状況に追い込まれることもあります。
さて、学生が自己破産することができるかどうかについてですが、結論からいえばできます。
自己破産が認められるかどうかは裁判所の判断にかかっていますが、裁判所の裁量により免責が下りれば、学生でも自己破産することができます。
ただし、無条件というわけにはいきません。
免責が下りるための条件を整える必要がありますし、その免責が下りないこともあります。
では、免責が下りるための条件とはどのようなものでしょうか?
それは、借金を抱えた理由が、生活に必要なお金を調達する目的だったことです。
例えば、公共料金を支払うためとか、病気で必要な医療費を支払うため、あるいは家賃を支払うために借金をしたというケースもあるでしょう。
このような理由で借金を抱えてしまった場合には、しかるべき申請を行って借金の免責を行ってもらうことができます。
ただし、次のような理由で借金を作った場合には免責が下りない可能性があります。
それは、生活に必要でないものに浪費してしまったことです。
例えば、パチンコ・競馬・競輪などのギャンブルにお金を使うことなどは、生活に必要でないものに浪費してしまうことに含まれますから、この場合は免責が下りない可能性があります。
こうした免責が下りる場合と下りない場合をチェックしておいてください。

まずは減額できるかチェック!

「債務整理ってこんなに減額出来るの?!」
例1:670万円⇒140万円
例2:3200万円⇒0円!!
※匿名&無料で、自分に合ってる方法(色んな種類があります)を簡単にチェック!
国が定めた法の力で、借金苦から脱出!

⇒無料シミュレーターはこちら!【匿名OK】

弁護士の選び方

経験・実績がある
費用をしっかりチェック
借金専門の弁護士に依頼
無料相談が出来る、秘密厳守、初期費用¥0のところなど、弁護士事務所によって違いもあるので、しっかりとチェックしましょう!!
「なりすまし詐欺」や、「追加料金払ってください」などと言ってくる弁護士もいるので、慎重に選ぶようにして下さい。

【必見】見ておいてよかった…【借金整理】


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ