自己破産したらどうなる?影響はありますか?※家族、子供、親族

自己破産したらどうなる?影響はありますか?※家族、子供、親族

自己破産したらどうなる?影響はありますか?※家族、子供、親族

自己破産のメリットと言えば、何といっても借金をチャラにできるということです。
しかしその一方で、生活の基盤を全て失ってしまうことになります。
自宅を所有している場合、その自宅は手放さなければなりません。
もちろん、自己破産をしたからといって仕事をやめる必要も全くありません。
とはいえ、生活に困窮してしまうという人も結構いることでしょう。
そんな生活困窮者のためにある公的な救済制度として、生活保護があります。
自己破産に至るまで借金を抱えてしまった人は、病気などで仕事ができなくなってしまったり、いきなり解雇されてしまったなどの事情を抱えている人も、少なくはありません。
そう考えると、自己破産をして間もなくは、生活保護を受けられたほうがお得ということになります。
生活保護の毎月100000円から150000円という金額は、かなり助かります。
しかしここで疑問がわいてきます。
自己破産をした人でも生活保護を受けることができるのかということです。
結論から言いますと、それは可能です。
逆に、自己破産寸前まで借金を多く抱えてしまった人が生活保護を受けることはできません。
それは、生活保護費を借金の返済に充てる可能性が高いからです。
そのような使い道はできませんので、借金をきれいにしなければならないのです。

まずは減額できるかチェック!

「債務整理ってこんなに減額出来るの?!」
例1:670万円⇒140万円
例2:3200万円⇒0円!!
※匿名&無料で、自分に合ってる方法(色んな種類があります)を簡単にチェック!
国が定めた法の力で、借金苦から脱出!

⇒無料シミュレーターはこちら!【匿名OK】

弁護士の選び方

経験・実績がある
費用をしっかりチェック
借金専門の弁護士に依頼
無料相談が出来る、秘密厳守、初期費用¥0のところなど、弁護士事務所によって違いもあるので、しっかりとチェックしましょう!!
「なりすまし詐欺」や、「追加料金払ってください」などと言ってくる弁護士もいるので、慎重に選ぶようにして下さい。

【必見】見ておいてよかった…【借金整理】


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ