【自己破産2回目ガイド】知って得した7つのこと【注意点まとめ】

【自己破産2回目ガイド】知って得した7つのこと【注意点まとめ】

【自己破産2回目ガイド】知って得した7つのこと【注意点まとめ】

債務が何らかの理由で支払えなくなり、その額が膨大となって返済の目処がまったく立たなくなったさいに行われるのが自己破産です。自己破産は、裁判所に債務の支払いが不能になったことを訴えて、認められれば債務の一切を免除してもらうというものです。債務処理を行う上での最終手段といえるものですが、そのペナルティとして一定以上の価値のある財産は没収され、また裁判所が発行する官報に自己破産者として氏名と住所が掲載され警備員や士業などの一部の職業に一定期間、就職ができなくなり、さらに自己破産することで5年から10年間ほどは借り入れができなくなります。また破産するにしてもまったくの無料で行えるわけではなく弁護士や司法書士などに依頼すると数十万円の費用が必要になり、個人が行うにしても印紙代など数万円の費用が必要です。
なお、自己破産は回数制限がありません。法的には7年経てばまた行うことができるようになっていますが2回目以降は裁判所の審査が厳しくなり破産を認められない場合があります。認められない場合には、破産できず他の解決方法を探すことになります。また2回目の自己破産を迎えるような状態になるには再び借り入れを行う必要がありますが、借り入れ審査も厳しくなるため、2回目の自己破産を迎えるというケースはかなり稀です。
ただし一部の貸金業者には破産者であっても貸付けを行うなどの勧誘を行うことがあり、それらが原因で再び返済不能に陥ることがあるので注意が必要です。

まずは減額できるかチェック!

「債務整理ってこんなに減額出来るの?!」
例1:670万円⇒140万円
例2:3200万円⇒0円!!
※匿名&無料で、自分に合ってる方法(色んな種類があります)を簡単にチェック!
国が定めた法の力で、借金苦から脱出!

⇒無料シミュレーターはこちら!【匿名OK】

弁護士の選び方

経験・実績がある
費用をしっかりチェック
借金専門の弁護士に依頼
無料相談が出来る、秘密厳守、初期費用¥0のところなど、弁護士事務所によって違いもあるので、しっかりとチェックしましょう!!
「なりすまし詐欺」や、「追加料金払ってください」などと言ってくる弁護士もいるので、慎重に選ぶようにして下さい。

【必見】見ておいてよかった…【借金整理】


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ