自己破産の手続き流れ・期間【どのくらいの期間が必要ですか?】

自己破産の手続き流れ・期間【どのくらいの期間が必要ですか?】

自己破産の手続き流れ・期間【どのくらいの期間が必要ですか?】

債務整理の方法のひとつとして自己破産がありますが、この手続きの流れの最初には、裁判所に対する本人の申立があります。この申立は、破産と免責というふたつからなっていますが、基本的な流れとしては同時に行うことになります。
この申立があった後、裁判官から申立に至った経緯などについて聞かれる手続きがあり、裁判所が適切と認めれば、破産手続開始決定とよばれる裁判所からの決定が下されます。
その後の流れとして、破産管財人が裁判所によって選任されて、本人から提供を受けた財産が売却され、金銭に換えられます。破産管財人はその金銭を、借金をした先の金融機関に公平に分配し、借金の清算を行います。
これで破産手続のほうは終了しますが、続いて同時に申立をしていた免責の手続きに入ることになります。ここでも裁判官による質問などが行われる場合がありますが、これを経ると裁判所の免責決定が下されて、残りの借金については支払いの義務が免除されることになります。
ただし、通常は自己破産すれば免責も行われるものですが、まれに免責決定が行われなかったり、借金の一部のみにとどまる場合もあります。
そのおもな原因としては、過去一定の期間内にすでに自己破産を行っており重複してしまう場合、ギャンブルや娯楽などを目的とした計画性に乏しい借金である場合、偽りの手段で免責決定を得ようとした場合などが該当し、これらは総称して免責不許可事由とよばれることもあります。

まずは減額できるかチェック!

「債務整理ってこんなに減額出来るの?!」
例1:670万円⇒140万円
例2:3200万円⇒0円!!
※匿名&無料で、自分に合ってる方法(色んな種類があります)を簡単にチェック!
国が定めた法の力で、借金苦から脱出!

⇒無料シミュレーターはこちら!【匿名OK】

弁護士の選び方

経験・実績がある
費用をしっかりチェック
借金専門の弁護士に依頼
無料相談が出来る、秘密厳守、初期費用¥0のところなど、弁護士事務所によって違いもあるので、しっかりとチェックしましょう!!
「なりすまし詐欺」や、「追加料金払ってください」などと言ってくる弁護士もいるので、慎重に選ぶようにして下さい。

【必見】見ておいてよかった…【借金整理】


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ