自己破産の官報期間ってどのくらい?※自己破産のデメリット特集

自己破産の官報期間ってどのくらい?※自己破産のデメリット特集

自己破産の官報期間ってどのくらい?※自己破産のデメリット特集

借金を抱えて苦しんでいる人は、多いはずです。
しかし、その苦しみから抜け出す方法がある事を知っている人は、少ないです。
多額の借金を抱えてどうしょうもなくなった時に、行うのが債務整理です。
債務整理の中で完全に借金を無くすのが自己破産です。
自己破産は、返済のあてが全くなく収入のない場合に自己破産を申し立てます。
自己破産は、借金は無くなりますが、住宅などの財産がある人は、住宅を失ってしまいます。
借金は、無くなりますが財産もないという状態からの再出発になります。
自己破産をすると、いわゆるブラックリストに載る為にクレジットカードの利用や作成、またお金の借入は出来なくなります。
住宅などの高価な財産は、手放す事になります。
高価な財産といっても、今まで使っていた家具や家電まで失う事はありません。
そして官報に載る事になります。
官報に載ると、他の人に自己破産した事が分かってしまい、変な目で見られるのではないかと考えている人もいるはずです。
自己破産というと、マイナスのイメージが根強く周囲の人の目が気にする人は多いです。
しかし官報とは、裁判所が発行する新聞のようなもので一般の人がこの官報を目にする事はほとんどありません。
ですから官報に載るという事をそんなに深刻に考える事はありません。
多額の借金を抱えて、収入がなく返済の目途が立たず苦しんでいる人には、デメリットよりメリットの方が多いと考えてもいい債務整理の方法です。



まずは減額できるかチェック!

「債務整理ってこんなに減額出来るの?!」
例1:670万円⇒140万円
例2:3200万円⇒0円!!
※匿名&無料で、自分に合ってる方法(色んな種類があります)を簡単にチェック!
国が定めた法の力で、借金苦から脱出!

⇒無料シミュレーターはこちら!【匿名OK】

弁護士の選び方

経験・実績がある
費用をしっかりチェック
借金専門の弁護士に依頼
無料相談が出来る、秘密厳守、初期費用¥0のところなど、弁護士事務所によって違いもあるので、しっかりとチェックしましょう!!
「なりすまし詐欺」や、「追加料金払ってください」などと言ってくる弁護士もいるので、慎重に選ぶようにして下さい。

【必見】見ておいてよかった…【借金整理】


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ