自己破産後の生活まとめ!【永久保存版】※その後は貧乏生活?

自己破産後の生活まとめ!【永久保存版】※その後は貧乏生活?

自己破産後の生活まとめ!【永久保存版】※その後は貧乏生活?

自己破産をすると、自分の財産を処分・整理することとなります。
その過程で、銀行口座について不安や疑問を感じる方もいることでしょう。
具体的な悩みとしては、「現在利用している銀行口座は今後も使えるのか」「自己破産後に銀行口座を新規開設できるのか」などがあります。

まず現在利用している銀行口座に関しては、二つの可能性が考えられます。
預金口座のある銀行から何らかの借り入れをしている場合、その銀行も債権者となります。
ですから、銀行は残債と口座預金残高を相殺しようとします。つまり、預金口座が凍結されてしまうわけです。
その預金口座を給与や年金などの振込先にしていると、お金を引き出せなくなります。
従って、自己破産の際には預金口座の残高をゼロにする必要があります。同時に債権者ではない他の銀行に新規口座を開設し、お金の振込先として利用します。
仮に預金口座のある銀行からの借り入れがなければ、これまで通りの口座利用が可能です。
ただし、その口座を他の債権者への返済引き落としに利用している場合は要注意です。自己破産申立後の引き落としを避けるため、預金残高をゼロにすると共に利用停止手続きを取りましょう。

そして、自己破産後には銀行口座を新規開設することができます。
お金の預け入れ・各種料金の引き落とし・銀行間での振替なども自由に行えます。
強いて言えば、銀行のキャッシュカードにキャッシング機能やクレジット機能が付加されない可能性が高いでしょう。
自己破産したという状況から、これはやむを得ない措置といえます。
もっとも銀行口座を通常通り使えることに変わりはなく、その点では何ら問題がありません。

まずは減額できるかチェック!

「債務整理ってこんなに減額出来るの?!」
例1:670万円⇒140万円
例2:3200万円⇒0円!!
※匿名&無料で、自分に合ってる方法(色んな種類があります)を簡単にチェック!
国が定めた法の力で、借金苦から脱出!

⇒無料シミュレーターはこちら!【匿名OK】

弁護士の選び方

経験・実績がある
費用をしっかりチェック
借金専門の弁護士に依頼
無料相談が出来る、秘密厳守、初期費用¥0のところなど、弁護士事務所によって違いもあるので、しっかりとチェックしましょう!!
「なりすまし詐欺」や、「追加料金払ってください」などと言ってくる弁護士もいるので、慎重に選ぶようにして下さい。

【必見】見ておいてよかった…【借金整理】


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ