自己破産、同時廃止とは?※期間や流れをかんたん解説中!

自己破産、同時廃止とは?※期間や流れをかんたん解説中!

自己破産、同時廃止とは?※期間や流れをかんたん解説中!

借金の返済をするだけの能力がなく、生活が苦しくなってしまった個人が、借金を清算して返済義務を免除され、生活再建を図るための手続きのことを、一般には自己破産とよんでいます。
この自己破産というのは、実際の法律上は、破産手続開始申立と免責許可申立という、ふたつの申立を本人が裁判所に対して行い、それぞれが裁判所から認められることを指しています。
破産手続のほうは、本人が持っている資産をお金に換えて、それを債権者に対して公平になるように配当し、借金を清算する行為をいいます。このプロセスでは、本人以外の破産管財人とよばれる人が裁判所から選任を受けて、この破産管財人が配当をすることになっています。
いっぽう、免責許可とよばれるものは、破産手続が終わったあとで、残っている借金を支払う義務を免除することを、法律上も確定するための行為であり、裁判所が許可決定を出すことになります。
ところが、自己破産をするような人は、そもそも返済するだけの経済力がないのですから、現金や不動産、自動車などといった資産を持ちあわせていないことも多いといえます。
このように、お金に換えるだけの資産を本人が持っていないような場合には、破産手続をすみやかに終了させて、免責許可のほうの手続きに移行することになります。
このように省略された手続きのことを同時廃止といい、換言すれば、同時廃止とは破産手続開始と破産手続の廃止を同時に行うこととなります。この同時廃止の場合には破産管財人は選任されず、債権者に対する配当もありません。

まずは減額できるかチェック!

「債務整理ってこんなに減額出来るの?!」
例1:670万円⇒140万円
例2:3200万円⇒0円!!
※匿名&無料で、自分に合ってる方法(色んな種類があります)を簡単にチェック!
国が定めた法の力で、借金苦から脱出!

⇒無料シミュレーターはこちら!【匿名OK】

弁護士の選び方

経験・実績がある
費用をしっかりチェック
借金専門の弁護士に依頼
無料相談が出来る、秘密厳守、初期費用¥0のところなど、弁護士事務所によって違いもあるので、しっかりとチェックしましょう!!
「なりすまし詐欺」や、「追加料金払ってください」などと言ってくる弁護士もいるので、慎重に選ぶようにして下さい。

【必見】見ておいてよかった…【借金整理】


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ