自己破産できない場合※できない人はどうしたら返済出来るの?

自己破産できない場合※できない人はどうしたら返済出来るの?

自己破産できない場合※できない人はどうしたら返済出来るの?

現在の日本では、多額の借金を抱えることで生活が立ち行かなくなっている方がたくさんいらっしゃいます。
ほとんどの方が多重債務者と呼ばれる方であり、カードローンやキャッシングなどを複数社契約することで自転車操業を繰り返してしまいます。
しかし、借金を返すために新たな借金をしてしまうということは、既に自力では借金を返す能力がないということに他なりません。
ですから、このような状態になってしまった場合にはできるだけ早く債務整理の相談をするために、弁護士事務所を利用することがとても大切なのです。
現実問題として、やはり借金の金額が大きすぎてしまう場合には、任意整理や個人再生などの方法ではどうにもならないということもあります。
そうすると「自己破産」という方法を利用せざるを得なくなります。
自己破産に関してはやはりイメージの問題で抵抗を持つ方が多いのが現実としてあります。
しかし、自己破産は国が個人に認めたれっきとした法律ですし、この制度を使わなければ生活を立て直すことができない状態であればやはり積極的に利用すべき制度です。
自己破産をすることで、借金がチャラになるというメリットがある反面、やはりデメリットも伴います。
大きなデメリットとしては、やはりクレジットカードを利用できないという点です。
クレジットカードを作るためには審査が必要ですが、この審査の際に個人信用情報が必ずカード会社に閲覧されることになります。
その際に自己破産の情報があった場合には、まず審査には通りません。
しかし、一定期間が経過したのちはこの情報も抹消されますから、その後はクレジットカードを持つことも可能なので、この点は安心してください。

まずは減額できるかチェック!

「債務整理ってこんなに減額出来るの?!」
例1:670万円⇒140万円
例2:3200万円⇒0円!!
※匿名&無料で、自分に合ってる方法(色んな種類があります)を簡単にチェック!
国が定めた法の力で、借金苦から脱出!

⇒無料シミュレーターはこちら!【匿名OK】

弁護士の選び方

経験・実績がある
費用をしっかりチェック
借金専門の弁護士に依頼
無料相談が出来る、秘密厳守、初期費用¥0のところなど、弁護士事務所によって違いもあるので、しっかりとチェックしましょう!!
「なりすまし詐欺」や、「追加料金払ってください」などと言ってくる弁護士もいるので、慎重に選ぶようにして下さい。

【必見】見ておいてよかった…【借金整理】


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ