自己破産の費用を安くする方法を調査!※弁護士って安いの?

自己破産の費用を安くする方法を調査!※弁護士って安いの?

自己破産の費用を安くする方法を調査!※弁護士って安いの?

多重債務者になっても、自己破産すれば大丈夫。
こんな風に安易に考えてる方もおられるかもしれません。
確かに自己破産の手続きが成立すれば、今までの借金をゼロにすることはできます。
しかし、忘れてはならないことがあります。
それは、自己破産の手続きを行うときは、弁護士などのプロに手続きを依頼しなければならないということです。
全て自分で行うこともできますが、現実的にはプロの士業関係者に頼まなければならなくなるでしょう。
そうなるとどうでしょうか?
自己破産の手続きを行うにあたって、そうした弁護士に報酬を支払わなければならなくなります。
弁護士は無料で手続きを代行してくれるわけではなく、どこに頼んでもそれなりの費用はかかります。
自己破産で弁護士に依頼する場合の費用相場はさまざまです。
あるケースでは、着手金に40万円前後かかり、印紙費用に1500円、切手費用に4000円、予納金で10000円程度かかるといわれています。
実際の費用は弁護士事務所ごとに違いますので、できるだけ安い費用で手続きを行うためには、自分でリサーチして低料金の事務所を探さなければなりません。
いずれにしても、自己破産を行うにあたって、借金をゼロにすることはできても、手続きを完了させるため費用がかかるということだけは知っておいてください。
もちろん、一度自己破産をしてしまえば、その後しばらくはいろいろな制約を受けます。
その中には、住宅ローンが組めなくなることや、個人信用情報機関に登録されることなどが含まれます。

まずは減額できるかチェック!

「債務整理ってこんなに減額出来るの?!」
例1:670万円⇒140万円
例2:3200万円⇒0円!!
※匿名&無料で、自分に合ってる方法(色んな種類があります)を簡単にチェック!
国が定めた法の力で、借金苦から脱出!

⇒無料シミュレーターはこちら!【匿名OK】

弁護士の選び方

経験・実績がある
費用をしっかりチェック
借金専門の弁護士に依頼
無料相談が出来る、秘密厳守、初期費用¥0のところなど、弁護士事務所によって違いもあるので、しっかりとチェックしましょう!!
「なりすまし詐欺」や、「追加料金払ってください」などと言ってくる弁護士もいるので、慎重に選ぶようにして下さい。

【必見】見ておいてよかった…【借金整理】


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ