自己破産後の自動車ローンって組める?※みんなが気になる質問

自己破産後の自動車ローンって組める?※みんなが気になる質問

自己破産後の自動車ローンって組める?※みんなが気になる質問

弁護士に自己破産の依頼をした場合には、車のローンの支払いは停止されることになります。
かといって、ローンの支払いを免除されたわけではありません。ローン会社は契約の所有権留保条項に基づいて、車を引き上げることになります。
また、ローンを支払い終えている場合には、自己破産をしたあとは、車の査定が20万円以下の場合は所有を認められますが、20万円以上の価値がある場合には、債権者に分配しなければいけないために、処分をしなければいけません。
また、自己破産をしたあとは、一部の債権者のみにお金を支払うことが法律上禁止されているので、本人が車のローンをこれまでどおり払っていくことはできないために、これまでどおり支払うから車の所有を認めてもらいたいということはできませんが、債権者の同意を得ることができれば、第三者が本人の代わりに支払い所有することは可能です。
自己破産をした後に車のローンを組みたい場合には、7年後に利用することができるようになります。
しかし、7年とはいっても、裁判所で破産宣告を受けた日から7年になります。しかし、審査機関に登録されてから7年とカウントする会社も多いので、7年きっぱりで組めるようになるとはいえません。
しかし、ローンを組む際に、保証人を求められることがありますが、クレジットカードを作り、小額払いでもクレジットカード会社に支払いの実績を蓄積させることで、支払いの実績があるということで、審査を受けることができます。

まずは減額できるかチェック!

「債務整理ってこんなに減額出来るの?!」
例1:670万円⇒140万円
例2:3200万円⇒0円!!
※匿名&無料で、自分に合ってる方法(色んな種類があります)を簡単にチェック!
国が定めた法の力で、借金苦から脱出!

⇒無料シミュレーターはこちら!【匿名OK】

弁護士の選び方

経験・実績がある
費用をしっかりチェック
借金専門の弁護士に依頼
無料相談が出来る、秘密厳守、初期費用¥0のところなど、弁護士事務所によって違いもあるので、しっかりとチェックしましょう!!
「なりすまし詐欺」や、「追加料金払ってください」などと言ってくる弁護士もいるので、慎重に選ぶようにして下さい。

【必見】見ておいてよかった…【借金整理】


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ